人気ブログランキング |


ゆっくりひとりの珈琲時間を、京都の自家焙煎ネルドリップ深煎り珈琲専門店 HiFiCafeのブログ


by hificafe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
お店のこと
HiFi Cafe map
メニュー
Live & Event
HiFi Cafeについて
About HiFi Cafe(ENG)
その他
silk records
NEW WORLD SERVICE
銭湯
映画部
京の寄り道
post card
レコード部
珈琲の本
media

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のコメント

> 鳥の木さん 鳥の木..
by hificafe at 09:38
どんなざわついた気持..
by 鳥の木 at 09:08
丁寧に淹れてくださる美味..
by 鳥の木 at 23:33
橋本さん 思えば濃いお..
by hificafe at 16:24
ハイファイで静かにプリフ..
by 橋本有明 at 08:47
> ナカモトさん ナカ..
by hificafe at 07:09
> アマヤフミヨさん ..
by hificafe at 07:04
1年前にお店を知ってから..
by ナカモト at 00:44
吉川さーん! 先日の日..
by アマヤフミヨ at 13:52
サカイさま ありがとう..
by hificafe at 06:56

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

POT LUCK / SPOONER OLDHAM

POT LUCK / SPOONER OLDHAM_e0230141_20124974.jpeg
本日の珈琲盤
POT LUCK / SPOONER OLDHAM
マスルショールズの名キーボードディスト、スプーナー オールダムの72年リリース作。
演奏は勿論、SSWでもある彼の渋い声と曲がスワンプ好きには堪らない名盤です。
例によって発売当初売れたアルバムではありませんので、僕の学生時代でも中古盤が高価でなかなか手がでない一枚でした。
そんな時にコンディションCの傷だらけのコレなら買えると、貧乏買いしたのでした。
針を落とすと、案の定「ぷちぷちざざざっ」とノイズだらけでしたが、それを乗り越える内容の良さ。
今でもぷちぷちざざざの愛聴盤です。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。



# by hificafe | 2020-07-26 07:02 | レコード部 | Comments(0)

東京は夜の7時 / 矢野顕子

東京は夜の7時 / 矢野顕子_e0230141_17351878.jpeg
本日の珈琲盤
東京は夜の7時 / 矢野顕子
矢野顕子79年リリースのライブ盤。
YMOの3人に山下達郎、吉田美奈子というこの時期ならでは豪華なメンツをバックに
あっこちゃんが飛ばしてます。
矢野さんはどのライブ盤も聴きどころが多く、スタジオ盤とは違った良さがあります。
80年代へ向かう時代の雰囲気も懐かしいところです。
確かにこれは時代を映した矢野顕子さんのアルバムです。
ジャケットも好きです。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。

# by hificafe | 2020-07-25 07:07 | レコード部 | Comments(0)

FREEMAN & LANGE

FREEMAN & LANGE_e0230141_10050481.jpeg
本日の珈琲盤
FREEMAN & LANGE
米フォーキーSSWデュオ、ダグ フリーマン&ドン ランジ75年リリースの唯一作。
ふたりのフォーキーな演奏と歌は地味ながらも味わい深く、長らくの愛聴盤として
レコード棚の片隅にひっそりとその居場所をキープしてきた。
誰かに積極的に薦めはしないが、手放すことはないまさに私的名盤なのである。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。

# by hificafe | 2020-07-24 07:01 | レコード部 | Comments(0)

美楽 BI-RAKU2020年8月号

美楽 BI-RAKU2020年8月号_e0230141_08093821.jpeg
雑誌『美楽 BI-RAKU2020年8月号の「日本からきました第112回」に作家のいしいしんじさんが、
HiFi Cafeの事を書いてくださいました。
開店初期にご来店いただき、実店舗をcloseする迄のお店との小さな歴史が綴られています。
思えば10年に及ぶ長いお付き合いとなりました。
綴られた思い出にちょっとホロっとなりました。
いしいさん ひとひくん そして園子さん、ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願い致します。

HiFi Cafeという小さな店で出逢った皆さま、
あなたの大切な時間の一部をHiFi Cafeに分けてくださってありがとうございました。
これからも珈琲を通して誰かと時間を共有させてください。


 ⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。

# by hificafe | 2020-07-23 08:12 | media | Comments(0)

LOCAL COLOR / MOSE ALLISON

LOCAL COLOR / MOSE ALLISON_e0230141_13361559.jpeg
本日の珈琲盤
LOCAL COLOR / MOSE ALLISON
大好きな米国ジャズピアニスト ヴォーカリストのモーズ アリソンの58年作。
モダンジャズのメインストリームにいながらもジャズの革新には距離を置いて
コツコツと自分の音楽をリリースし続けた粋人。
ピアノは勿論ですが、とぼけた味わいのボーカル作品がまた絶品。
(このアルバムではチラッとトランペットも吹いてます。)
王道のジャズファンよりロックファンの方がモーズ好きが多いかも知れませんね。
もう一つのアメリカを感じさせてくれる貴重な個性。
初期prestige時代はジャケットも秀逸。
録音は勿論ルディ ヴァン ゲルダーさん。
レコードを眺めながら音のアメリカを聴こう。
珈琲は深煎りでね。



⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。


# by hificafe | 2020-07-23 07:07 | レコード部 | Comments(0)