人気ブログランキング |


ゆっくりひとりの珈琲時間を、京都の自家焙煎ネルドリップ深煎り珈琲専門店 HiFiCafeのブログ


by hificafe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
お店のこと
HiFi Cafe map
メニュー
Live & Event
HiFi Cafeについて
About HiFi Cafe(ENG)
その他
silk records
NEW WORLD SERVICE
銭湯
映画部
京の寄り道
post card
レコード部
珈琲の本
media

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のコメント

> 鳥の木さん 鳥の木..
by hificafe at 09:38
どんなざわついた気持..
by 鳥の木 at 09:08
丁寧に淹れてくださる美味..
by 鳥の木 at 23:33
橋本さん 思えば濃いお..
by hificafe at 16:24
ハイファイで静かにプリフ..
by 橋本有明 at 08:47
> ナカモトさん ナカ..
by hificafe at 07:09
> アマヤフミヨさん ..
by hificafe at 07:04
1年前にお店を知ってから..
by ナカモト at 00:44
吉川さーん! 先日の日..
by アマヤフミヨ at 13:52
サカイさま ありがとう..
by hificafe at 06:56

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2020年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

THERES AN INNOCENT FACE / CURT BOETCHER

THERES AN INNOCENT FACE / CURT BOETCHER_e0230141_16282225.jpeg
本日の珈琲盤
THERES AN INNOCENT FACE / CURT BOETCHER
カート ベッチャー73年リリースの唯一のソロ作。
当時サジタリウスやミレニアムといった名盤を残したソフトロックグループでの活動やプロデューサーとして、マニアックな存在だったカートのソロはやはりドリーミーなアメリカンロック。
ウェストコースト特有のロックへのアプローチは今聴いてもグッと引き込まれる魅力があります。
夏の夕暮れに引っ張り出す黄昏時珈琲の名盤です。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。


by hificafe | 2020-08-13 07:02 | レコード部 | Comments(0)

New York Rock & Soul Revue: Live At The Beacon

New York Rock & Soul Revue: Live At The Beacon_e0230141_14373244.jpeg
本日の珈琲盤
New York Rock & Soul Revue: Live At The Beacon / various artists
91年リリースのビーコンシアターでのロック&ソウルレヴューライブ盤。
ドナルド フェイゲン、マイケル マクドナルド、ボズ スキャッグス他AOR〜SSW系のビッグネームが参加した企画盤。
当時ドナルド フェイゲン好きなら聴かないわけにはいかない音盤でした。
スティーリー・ダン、フェイゲンの曲は勿論ですが、今なら他のミュージシャンの歌と演奏にも耳を傾けて楽しめます。
暑い夏の夜にこんなコンサートに行って涼めたら最高でしょうね。

※村上radioサマースペシャル 8/15(土)16;00〜 東京FM、FM大阪他。

さて、熱風が吹く昼間、皆さんはどうされてますか?
この暑さの中でのお仕事、お疲れ様です。
くれぐれもお身体には気をつけてお過ごし下さいませ。
そういう僕も昼間陽光の下で珈琲豆のハンドピックをしてたらぼうっとしてきました。
集中していると水分補給を忘れがちになりますので気を付けましょう。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。

by hificafe | 2020-08-12 07:06 | レコード部 | Comments(0)

brilliant trees / david sylvian

brilliant trees / david sylvian_e0230141_20375809.jpeg
本日の珈琲盤
brilliant trees / david sylvian
デヴィッド シルビアンの84年リリースの1stソロ。
坂本龍一やホルガー シュウカイ他、捻りの効いたメンツで制作されています。
JAPANの延長線上にありながらもこのメンバーらしいバラエティに富んだ曲が並ぶ。
実験の域を出ない感もあるがプログレッシブな姿勢を評価できるやはり面白い一枚。
この後シルビアンはアルバムを出す毎に仙人化して行き、孤高の境地⁉︎に達して行きます。
何となくお盆になるとシルビアンのアルバムが聴きたくなりませんか?


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。


by hificafe | 2020-08-11 07:08 | レコード部 | Comments(0)

Music / Carole King

Music / Carole King_e0230141_17251884.jpeg
本日の珈琲盤
Music / Carole King
ローラ ニーロの次はベタですがキャロル キングです。
皆さまご存知の71年の名盤です。
前作のtapestryはSSWの不朽の名作ではありますが、このmusicはそこに当時のニューソウル色が滲むグルーヴが付加されとてもカッコいい。
Ode時代の作品はどれもそれなりに聴かせどころがあり、一聴の価値ありですよね。
因みにこの盤はQuadraphonic盤つまり4チャンネル、懐かしいと言っちゃうと歳がバレます。
まあ普通にステレオで聴いてます。
サンタナとかも4チャンネル盤持ってるなあ、時代の仇花スペックです。
どれくらいのタイトルが4チャンネル盤で出たんだろう?集めてる人結構いそうですよね。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。


by hificafe | 2020-08-10 07:10 | レコード部 | Comments(0)

Mother’s Spiritual / Laura Nyro

Mother’s Spiritual / Laura Nyro_e0230141_20304679.jpeg
本日の珈琲盤
Mother’s Spiritual / Laura Nyro
米SSWのローラ ニーロの84作。
6年ぶりの復帰作にして微妙な問題作⁉︎
発売当時から評判はもう一つで商業的にも失敗、僕もあっさりスルーしていた作品ですが、
すっかりそんな事も忘れた頃に買って聴いてみると、これはこれでええやないのとあっさり耳に入ってきた。
しんどいと言われがちですが、果たしてそうだろうか?
判断は聴いた人それぞれということに...。
実はお好きな方、結構いるんじゃないですか?



今日は長崎原爆の日ですね。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。



by hificafe | 2020-08-09 07:02 | レコード部 | Comments(0)

Eight Frames A Second / Ralph McTell

Eight Frames A Second / Ralph McTell_e0230141_09473826.jpeg
本日の珈琲盤
Eight Frames A Second / Ralph McTell
英フォークSSWのラルフ マクテルの68年リリース1st。
お店では夏から秋の夕暮れにターンテーブルに乗ることしばしばの黄昏時の珈琲盤。
バート ヤンシュの様な味のあるボーカルと巧みなアコースティックギターワーク。
そしてなんといっても英国らしい憂いを帯びたメロディラインの自作曲が夕暮れ時にハマります。

夏休みの一冊とお気に入りの一枚を選んで珈琲をぽたぽたドリップ。
暮れなずむ夏時間を見送る永遠の時間。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。

by hificafe | 2020-08-08 07:08 | レコード部 | Comments(0)

TIDE / ANTONIO CARLOS JOBIM

TIDE / ANTONIO CARLOS JOBIM_e0230141_09041681.jpeg
本日の珈琲盤
TIDE / ANTONIO CARLOS JOBIM
A&M CTI系のアレンジャー御三家のラストはデオダート。
今回はお馴染みジョビンの70年作で。
学生時代にピート ターナーのジャケットが欲しいが為にCTIをジャケ買いしてました。
今でも結構手元に残っていて、ちゃんと音も堪能しています。
あの頃CTIの米オリジナルも三桁のセール箱に沢山ありましたよね。
ありがたい時代でした。
エバーグリーンなレコードの数々、クリード テイラーは偉大なりです。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。


by hificafe | 2020-08-07 07:03 | レコード部 | Comments(0)

post card from KYOTO

post card from KYOTO_e0230141_08230542.jpeg
京都から祇園祭山鉾のポストカードで暑中お見舞いを頂戴しました。
そうか、今年は葵祭にはじまり、下鴨神社の御手洗祭り、鞍馬の火祭り、下鴨納涼古本まつり、そして京都レコードまつり等々、京の夏の風物詩がことごとく.....。
寂しい夏になってしまいましたね。
無くなると如何に諸行事の存在が四季の調べになっていたかを思い知ります。
次に開催される時はきっと感慨もひとしおでしょうね。

そして今日は広島原爆の日、続いて長崎原爆の日、終戦記念日と静かな8月の記念日が続きます。
この国も世界もいろいろ大丈夫だろうか、
今年の夏はセミの鳴き声が一層大きく感じます。

by hificafe | 2020-08-06 15:05 | post card | Comments(0)

コバルトアワー / 荒井由美

 コバルトアワー / 荒井由美_e0230141_09545411.jpeg
本日の珈琲盤
コバルトアワー / 荒井由美
昨日の解答。
荒井由美時代の四部作の75年リリース3作目。
少女から大人へのセンシティブな過渡期をSSW的な感触で綴った1st&2nd、
そして来たるべきシティポップ完成へ至る3rd&4th。
言うまでもなく、この4枚はユーミンと日本のポップスの重要な成長期を捉えた名盤です。
針を落とした回数では2ndのミスリムですが、晴れた夏の日にはこのコバルトアワーがよく合います。
未だ色褪せないエバーグリーな4枚を聴くならやっぱり当時の空気を纏ったレコードがいいですよね。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。

by hificafe | 2020-08-06 07:01 | レコード部 | Comments(0)

レコード針の交換

レコード針の交換_e0230141_09381843.jpeg
引越し時の振動でターンテーブルのアームの固定がハズレてレコード針が折れてしまった...。
現在僕が使っているターンテーブルはMC針とMM針の二台。
どちらの針もオーディオマニア仕様の高価な代物ではありませんが、それでも庶民感覚からいえば
カートリッジと合わせると結構なお値段です。
今回針が折れたMMも新品を買うのは痛いので中古を探してきました。
(秋葉原もすっかりオーディオ屋さん減っちゃったなあ)
折れた針は相当使い込んでいたのでこの機会に交換したのは正解。
中古とはいえ、すっきりいい音が復活。
いつか針 カートリッジを取っ替え引っ換えしながら聴き比べできる様な身分になれたら
と思いながらも相変わらずケチケチと中古で賄うのでした。
オーディオ本体よりレコードの枚数を稼ぐ派なのはずっと変わらないんだろうな。
もしサマージャンボが当たったら、その時は奮発して.....ね。
(因みにこのターンテーブルで使用しているTANNOYのスピーカーは京都で粗大ゴミから救助、LUXMANのアンプは古物屋で見つけた二千円の代物です。)

※クイズ、この写真のレコードは何でしょうか?
答えは明日のブログにて。


⭐️当店の珈琲豆のネット通販サイトを開設しました。
厳選した珈琲豆を深く焙煎しました。
薫り高く、bitter&sweetな大人の一杯をご自宅でお愉しみ下さい。

by hificafe | 2020-08-05 09:48 | レコード部 | Comments(0)