人気ブログランキング |


ゆっくりひとりの珈琲時間を、京都の自家焙煎ネルドリップ深煎り珈琲専門店 HiFiCafeのブログ


by hificafe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
お店のこと
HiFi Cafe map
メニュー
Live & Event
HiFi Cafeについて
About HiFi Cafe(ENG)
その他
silk records
NEW WORLD SERVICE
銭湯
映画部
京の寄り道
post card
レコード部
珈琲の本

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のコメント

> 鳥の木さん 鳥の木..
by hificafe at 09:38
どんなざわついた気持..
by 鳥の木 at 09:08
丁寧に淹れてくださる美味..
by 鳥の木 at 23:33
橋本さん 思えば濃いお..
by hificafe at 16:24
ハイファイで静かにプリフ..
by 橋本有明 at 08:47
> ナカモトさん ナカ..
by hificafe at 07:09
> アマヤフミヨさん ..
by hificafe at 07:04
1年前にお店を知ってから..
by ナカモト at 00:44
吉川さーん! 先日の日..
by アマヤフミヨ at 13:52
サカイさま ありがとう..
by hificafe at 06:56

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2020年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

SANDMAN / NILSSON

SANDMAN / NILSSON_e0230141_20252806.jpeg
本日の珈琲盤
SANDMAN / NILSSON
SSWのニルソンの76年作。
前作と引き続きヴァン ダイク パークス他、気の利いたバックで固めています。
前作はヴァンダイクとスティールドラムのロバート グリニッジがカリビアンテイストを持ち込んでいましたが、
今回はもうちょっとオーソドックなニルソンテイスト。
ジャケットがあんまりなのでニルソンのアルバムの中でも随分とあとまわしになった一枚。
今ではニルソン屈指のフェイバリット作です。

それでも本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりでふらりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。


by hificafe | 2020-03-31 07:02 | レコード部 | Comments(0)

THE LOUNGE LIZARDS

THE LOUNGE LIZARDS_e0230141_20360734.jpeg
本日の珈琲盤
THE LOUNGE LIZARDS
サックスのジョン ルーリー率いるラウンジリザーズの81年リリースの1st。
当時はフェイクジャズなどと呼ばれたりしていましたが、
今聴くとこれはジャズのふりをしたロック、NYニューウェイブから産まれた事がよく分かります。
アートリンゼイはじめ曲者揃いのメンバーが顔を揃えた喰えない一枚。
インテリな遊び心がNYらしい。
悔しいけどそういトコ好きなんだよなあ。

さて本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。

by hificafe | 2020-03-30 07:07 | レコード部 | Comments(0)

Complete Savoy Live Performances / Charlie Parker

Complete Savoy Live Performances / Charlie Parker_e0230141_12394985.jpeg
本日の珈琲盤
Complete Savoy Live Performances / Charlie Parker
レスターヤングからのバトンを受け取りジャズを次の次元へ導いたチャーリー パーカーの1948〜50年のライブ録音CD4枚組。
録音が荒いのは時代もございますので目をつぶって余りある若きバップジャズメン達の記録。
僕はslow boat to chinaが好きでこの曲がパーカーの演奏で何度も聴けるだけでもこのCDに満足なのです。

さて本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。

※3/28(土)29(日)は11時オープンです。
11時半までにおいでの方、モーニングセットあります。
(各珈琲+150円で蜂蜜シナモントーストorバータートースト+ヨーグルトset)




by hificafe | 2020-03-29 07:10 | レコード部 | Comments(0)

LESTER YOUNG & THE KANSAS CITY 6

LESTER YOUNG & THE KANSAS CITY 6_e0230141_20353375.jpeg
本日の珈琲盤
LESTER YOUNG & THE KANSAS CITY 6
モダンテナーのパイオニア、レスター ヤングの1938年と44年のコモドア録音を集めたもの。
ラウドなホーンが苦手な僕にはジェントルなレスターヤングの歌心が心地よい。
適度に?古い録音も畳にしっくりと馴染む珈琲レコード。

さて本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。

※3/28(土)29(日)は11時オープンです。
11時半までにおいでの方、モーニングセットあります。
(各珈琲+150円で蜂蜜シナモントーストorバータートースト+ヨーグルトset)

by hificafe | 2020-03-28 07:07 | レコード部 | Comments(0)

QUIVER

QUIVER_e0230141_09004820.jpeg
本日の珈琲盤
QUIVER
英国ロックらしい憂いと米国ルーツ臭を併せ持ったクイーヴァーの71年リリースの1st。
2ndを出した後、サザーランドブラザーズと合流してそれはそれでなかなか良い作品を出していますが、僕は単独名義の二作が格別好きです。
地味で渋い良いバンドです。
今日の様な春の雨と深煎り珈琲によく合います。

さて本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。

by hificafe | 2020-03-27 07:02 | レコード部 | Comments(0)

ドウダンツツジ咲く 坪庭の春到来

ドウダンツツジ咲く 坪庭の春到来_e0230141_09202525.jpeg
坪庭の満天星(ドウダンツツジ)に新芽と花が咲いた!
ドウダンツツジは新芽と小さな白い鈴の様な花がほぼ同時に顔を出します。
今年の春一番、これから次々と新芽と花が枝を賑やかにしてくれます。
それでも春はやってくる。
昨日より暖かく。

本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。

by hificafe | 2020-03-26 09:20 | その他 | Comments(0)

LARRY CORYELL AT THE VILLAGE GATE

LARRY CORYELL AT THE VILLAGE GATE_e0230141_13254940.jpeg
本日の珈琲盤
LARRY CORYELL AT THE VILLAGE GATE
ラリー コリエルのジャズロックトリオ71年ライブ。
以前にも書きましたが僕はこのジャズロックという時代の徒花のようなジャンルの作品が大好き。
その代表的なギタリスト、ラリーコリエルも当然70年前後のジャズロック期の作品は今でも針を落とします。
時代を感じさせるいいジャケですなあ。
ジャズロックの定義は人によって様々ですが、僕にとってはジャズ側からのアプローチであれ、
ロック側からであれ、はたまた両方の混成グループであれ、若気の至りで気合一髪!の空気が堪らない。
老成したジャズロックは存在しない、ある意味エヴァーグリーンな青春の1ページ(1枚⁉︎)こそが
このジャンルなのです。
聴き手を選ぶジャズロックを誰かにお薦めする事は滅多にございません。
ましてやおジャズ、おブラジルや、おアルゼンチンなどでお洒落を気取るようなカフェが好き、
などというお洒落を密かに自負している様な人々にはジャズロックは「まあ、騒がしいこと...」でしょうからね。
ええ、わたくし根はロックおやじですから。
昨日より若く! (気持ちだけはね)

というワケで本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。




by hificafe | 2020-03-26 07:05 | レコード部 | Comments(0)

天神さん

天神さん_e0230141_13252548.jpeg
そうだ、今日は25日の天神さんの縁日だ!という事を思い出し
急ぎ自転車で北野天満宮へ。
天神さん_e0230141_13253815.jpeg
コロナ騒動の影響か、出店も人も少なめ...。
せっかくの春の日和がもったい無い感じです。
特に収穫はなかったけど、久しぶりの天神さんに来れてよかった。
開店前の一時間に小さな休暇気分を味わえた。
桜もぼちぼちいい感じになってきたなあ。
いろいろあるけど何とか乗り切りたい。

珈琲一杯の時間は心の時間。
ちょっと一息つきましょう。


by hificafe | 2020-03-25 11:47 | 京の寄り道 | Comments(0)

春の珈琲時間

春の珈琲時間_e0230141_21384161.jpeg
春の焙煎。
夜明けもじわっと早まり早朝焙煎の寒さも少しづつマシになってきた。
今朝もハンドロースターでゆっくりと深く焙煎しました。
お日様の下でのハンドピックもぽかぽかと気持ち良い。
まだ風が冷たく感じる日もありますが、確実に春は進行中。
いろいろありますが、一日に一杯、深煎り珈琲でほっと一息つく時間をつくりませんか。

本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。

by hificafe | 2020-03-25 07:04 | その他 | Comments(0)

CHANGES / KEITH JARRETT

CHANGES / KEITH JARRETT_e0230141_21385653.jpeg
本日の珈琲盤
CHANGES / KEITH JARRETT
ジャック ディジョネット、ゲイリー ピーコックとのお馴染みのトリオでの84年作。
ECMらしからぬイマイチなジャケットのせいで随分長いことパスしていたアルバム。
珍しく明るく元気なインプロで小春日和によく合います。

さて本日もHiFi Cafeはひっそりと開いています。
ひとりゆるりと文庫本と深煎り珈琲時間をお過ごしくださいませ。

by hificafe | 2020-03-24 07:05 | レコード部 | Comments(0)